やる気に頼らず目標達成する方法(具体例あり)

やる気に頼らず目標達成する方法(具体例あり)

「今度こそ、今年こそと目標を決めるけどいつも途中で挫折する」

「スポーツジムも張り切って入会したけど、今は会費だけ払ってる状態」

「目標を壁に張ってモチベーションを上げても、長続きしない」

こんな悩みを長年抱えている人に、今回の記事はやる気(モチベーション)に頼らず、たんたんとやるべき事をこなして目標を達成する方法を紹介します。



この記事で分かる事
・そもそも目標設定が必要な理由
・目標達成に必要な事はやる気じゃなくて習慣だという理由
習慣化する為の5つの具体策

目標設定って?

目標を決めるって何故必要?

目標が無くても、毎日頑張れば良いんじゃない?という人も居ます。


何故目標を作った方が良いかというと、「目標」を作るとそこにたどり着く道筋が見えるからです。

6か月後に頂上までたどり着く⇒3か月後には中腹まで着いておくべき⇒じゃ、今するべき事は?とやる事が見えてくるからです。

気づいたら、頂上に着いていたというのは難しい話ですし、どこに行くのか分からないままだと、今からどれ位頑張れば良いのかも分からず辛いですね。

目標設定で気を付ける事

目標の決め方で気を付ける事は「目標は抽象的な表現では無く、数字で表すと分かりやすい」という事です。

✖頑張る、一生懸命やる ◎毎日2時間やる、毎週月曜日に2キロ走る

✖と◎の違いは、達成したか?してないか?が分かるという事です。頑張ったか、頑張らなかったかは本人のその時のテンションで違うし、真面目過ぎる人は人から見てスゴク頑張っていても、本人がマダマダと思えばそれまでという事です。


決めても継続出来ない理由

あんなにやる気満々だったのに、2日目位から「やっぱり無理かも~」となる理由は、やる気(モチベーション)は長く続かないという事です。

人間の脳は一度に多くの情報をキャッチ出来るようになっています。
外敵から身を守ったり、食物を取る為に周りを良く見ると言う様に。1つの事に集中して、周りが見えなくなると危険になる。だから、集中していない冷静な状態が普通の状態なんです。

そう、だからやる気が出ている時は普通の状態じゃないので、毎日やる気を出すのは大変な作業なんです

ここで言いたい事は「やる気」が無くても行動できるように、クセで動ければ良いという事です。

心と体にクセを付ける=習慣付けるという事

習慣化して目標達成する5つの方法

クセや習慣になると、やる努力は必要なくてやらないと気持ち悪い状態になります。そうなれば楽に目標達成できますね。

では、何も考えなくてもついついクセでやってる様に習慣にするには、

先ず5分やるつもりで始めてみる

やる気が消えている状態(平常心)で、試験勉強や何かの練習を始めるのは難しいです。まず5分やってみるだけでOK。

習慣化のコツは、短い時間でも何度も繰り返すという事


1時間やるのは気が重いけど、本を1ページだけ読んでみよう、楽器なら1曲だけ弾いて嫌なら辞めようと軽い気持ちで始めてみて下さい。

人はやる気で動くより、動くからやる気が出る確率が高いので、始めるとそのまま続けられる事も多いし、その回数の積み重ねがクセに繋がります。

やるべき事を邪魔する要素を先に消す

試験勉強を始めた時に、ついつい見てしまう「スマホ」を手の届かない場所に置く。私はスマホのゲームを全て削除しました。

音が気になるのなら、イヤホンで音楽を聞き雑音を排除する。

私は自分が歌える歌は集中したい時には聞かず、「集中できる音楽」というBGMにしています。

視界に入る趣味の物は隠しておく、部屋着に着替えずベットに横になるのを防ぐという防止策もあります。

やるべき事がストレス無く始められる環境作り

直ぐに始められるように机や部屋はかたずけて置く、必要な物がすぐ取り出せるようにしておく。

勉強や練習を始める前の精神的な壁を取り除いておくという事です。上に書いたイヤホンや音楽を用意しておくというのも環境作りになりますね。

人は言い訳が上手です(笑)なので始められない言い訳が出せない様に自分との戦いですね。

先にタスクリストを作っておく

その日にやる事は「タスクリスト」を作ってすぐ取り掛かれる様にしておくのは、スゴク効果的な方法です。やる順番も書いておくと、何も考えずに黙々と作業が出来て、終わったら次はこれ!と言う様に集中できます。

準備段階で考えておけば、やるか、やらないか?やる順番は?という事に時間が取られず「これ面倒だなぁ」と考える暇もなく作業に突入するのがコツです。

上の4つの行動を21日間続けてみる

クセ付け、習慣にするには「短い時間でも何度も繰り返す」事が大事。そして脳が「これをするのが当たり前」「やらないと気持ち悪い」と変化するのが3週間、21日間と言われています。

私の実体験では14日間位続けると、やるのが当たり前という感覚になりますが個人差を考えても21日間続ければ、習慣になるという事です。

毎朝コーヒーを飲む人が、朝コーヒーが飲めなかったら違和感を感じる。

それと同じ様な気持ち悪さを感じるようになれば、クセになったという事です。

目標設定とそれをクリアする方法

この記事では、目標を決める事で、その為にやるべき道筋が見えるという事。

目標はその人によって違いますよね。
「資格を取る、楽器が弾けるようになる、起業する、運動をする」目標設定をすると、資格を取る事は目的ではなく手段なんだという事も分かってきます。

ゴールは資格を取る事では無く、資格を生かして転職する事だったり何か実現したい事が分かってきます。

資格勉強はしんどいけど、資格を取ってやりたい事をやっている自分がイメージできると楽しくなるという事です。

その為に、やる気に頼らずいつもの状態で、頑張らなくても続けられるように「クセにする」「習慣化」にするという事。

習慣化にする為に
1先ず5分を目安に始めてみる
2やるべき事を邪魔する要素を先に消す
3やるべき事がストレス無く始められる環境作り
4先にタスクリストを作っておく
5上の4つの行動を21日間続けてみる

この記事を読んで頂いた方は、是非試してみて下さい。

一度上手く行くと、自信に繋がって色々な事に挑戦できる様になりますよ。